占いの種類を知ろう

誰かの力を借りたいという時は、どんな強い人であってもそのような時が必ずといってきます。
でもどこに頼ればいいのかわからない人も多いです。
友人や親や恋人に頼ることも良いですが、より専門的に、いやもっといえば見えない力を信じて誰かに頼りたくなったときに効果的な方法が占いです。
いろんな種類があります。


生年月日で判断する種類

大きく分けて3つに別けられます。
命、卜、相になります。
命は生年月日や生まれた時の星の動きなどによって判断されます。
星座や誕生日など代表的な種類になります。
また誕生日などで占い師が判断する四柱推命も代表的なものです。
性格や大局的な自分を知る時に使うことができる種類と言えるでしょう。
もっと簡単にできるうお座今日の運勢なんかも人気です。

方向性を求める

卜はボクと読みます。
タロットやおみくじなどが代表的な種類になります。
その時のタイミングや運などによって左右される種類です。
この種類は占術師の力量が左右されることが多いです。
よって当たるときや当たらない時も多く、占術師の好き嫌いが別れやすい種類とも言えます。
「この時にどんな行動が求められるのか?」といったときに頼りたい方法です。

手相が代表的

今はすっかり少なくなった路上での占術師こそが手相になります。
大きな虫眼鏡で手を見る方法です。
今現在の状況からわかることを判断します。
手相などはそう変わらないと思うでしょうが、手相で占術する人に言わせると、数日で手相というものは変わるようです。
それほど行動や運命に左右されやすいものになります。
これからの未来や運勢を見るには最適の方法になります。
簡単な知識や今日の運勢無料であればネットでも調べられますが、やはり専門家の意見になると信憑性が高まると言えるでしょう。
いろんな種類があることがわかったでしょう。
大切なのはあくまでもそれらを助言として扱うことです。
「占術師がそう言ってたから、運勢はそうなるはずだ」と思い込むのは良いことではありません。
助言を行動に移すために使うのが占いのベストの使い方です。

新着情報

◆2016/01/22
占いの種類を知ろうの情報を更新しました。
◆2015/11/20
自分の糧にできる人ほど向いているの情報を更新しました。
◆2015/11/20
自分に合っている占い師を見つけることの情報を更新しました。
◆2015/11/20
運勢は行動力で変わるの情報を更新しました。
◆2015/11/20
メディアに出ていない占い師も多い事実の情報を更新しました。